「難しく考える必要無し」赤ちゃんが寝ない理由はたったの2つ

初めまして、スヤスマンのRyotaです。

当ブログをご覧になっているということは、あなたの赤ちゃん。眠らなくてお困りですね。私も1児のパパなのでお気持ちが良く分かります。眠れなくて困っている赤ちゃんを見ると心が痛みますよね。

もしかしたら病気かもしれない。と、私たちも心配になってしまいます。

 

そこで絶対に知っておきたい

赤ちゃんが寝ない2つの理由

をお教えします。

どんな寝ない理由も今回ご紹介する2つのことに分けられるんです。私たち大人は難しく考えてしまいますが、赤ちゃんが寝ない理由は実にシンプル。まずは当記事を見てなぜ赤ちゃんが寝ないかを覚えましょう。

赤ちゃんが寝ない理由 1.興奮している

赤ちゃんはほとんどのことが「初体験」。ちょっとしたことでも興奮して、夜まで引きずってしまいます。

例えば私たちが憧れの芸能人にバッタリあったことを想像して下さい。鼻息を荒くしてSNSで報告し、知人にも話すでしょう。きっと夜も眠れません。

赤ちゃんは些細なことでこの状態になります。

私の息子の場合、友人の娘が2人遊びに来た時に眠れなくなりました。彼女らは赤ちゃんに対する加減を知りませんので、ついつい触りすぎてしまいます。その興奮が夜まで残ったことが眠れなくなった原因です。

喜怒哀楽のどれかが高ぶっている状態

興奮状態は「楽しさ」だけではありません。赤ちゃんは4ヶ月頃から情緒が芽生えます。

例えば

母親がどこかに行くと寂しくなって泣く。遊んでいたおもちゃを取り上げられると怒る。起きた時に近くに誰も居ないと悲しくなる。

大人だって真っ暗な場所に1人きりだと怖いですよね。赤ちゃんも一緒です。赤ちゃんが泣いている時、私たちは「喜怒哀楽」について考える必要があります。

大人で言えば「交感神経優位」

この「感情的に泣く」状態は大人で言う交感神経優位の状態に似ています。

人の自律神経は緊張を与える交感神経と安らぎを与える副交感神経のバランスで成り立っています。会社で思いっきり叱られた日はストレスが溜まり交感神経が高ぶった状態です。寝つきは悪くなります。

家に帰ってゆっくりお風呂に入る時間があれば、副交感神経が強くなります。日中の興奮状態は静まり、直ぐに寝付くことができます。

寝かしつけは難しい

興奮して寝ない赤ちゃんを寝かしつけるのは大変です。落ち着かせるにはリラックスさせる手段と一定の時間が必要だからです。

寝かしつけるためのグッズや、長時間の抱っこが必要になります。

長時間寝かしつけをしていると『焦ったりイライラします』。これが大問題。赤ちゃんはあなたのイライラを簡単に見抜きます。

「お母さん、何でイライラしてるのー?!」と不安になり、イライラを止めさせるために泣くループになります。

イライラしないためにも寝かしつけグッズの利用は大切です。

記念撮影は注意

スタジオで赤ちゃんを撮影する場合、光やカメラマンとのやり取りで興奮状態になります。昼からの撮影だと夜に寝ない状態が考えられますので、午前からの撮影がお勧めです。

赤ちゃんが寝ない理由 2.どこかが不快

赤ちゃんが寝ないもう1つの理由が「不快感」です。

ざっくり言うと、

  • 暑くて眠れない
  • お腹が減った

みたいなこと。

私たち大人も一緒です。熱帯夜だと寝苦しいですよね。赤ちゃんは大人に比べて温度変化にも弱いので、大人以上の不快感と戦っています。

想像して下さい。あなたは下着にオシッコやウンチの付いた状態で眠れますか?無理ですよね。赤ちゃんも一緒です。

本能的な部分で我慢できない

大人はそれでも「寝苦しい」くらいなら我慢して眠れます。しかし、赤ちゃんは我慢を知りません。我慢すると衰弱する恐れがあるためです。

性格により誤差はあるものの、ちょっとお腹が減っても泣きます。暑くてもタオルケットをどけることができないので泣きます。

具体的には「空腹」「温度管理」「オムツ交換」

不快感で赤ちゃんが泣く場合、ほとんどの理由が、

  • 空腹
  • 暑い・寒い
  • オムツが不快

のどれか。特に4ヶ月未満の赤ちゃんは情緒ができていませんので、9割不快感で泣きます。

注意

ただし、病気で泣くこともあります。普段と違う泣き方の場合、ケガや熱が考えられます。激しい泣き方は要注意です。

寝かしつけは簡単

不快感で寝ない場合、寝かしつけは簡単です。不快感を解決すれば終わり。

赤ちゃんを寝かす前にご飯をあげて、オムツを替えましょう。それだけで不快感の原因が少なくなります。暑い寒いに関しては「汗」や「私たちの状態」を見て判断します。私たちがちょっと暑いなら赤ちゃんには暑い。ちょっと寒いなら赤ちゃんには寒い可能性があります。

まずは大人が不快にならない温度管理から始めましょう。

まとめ

当ブログでは特に「興奮状態」の赤ちゃんを寝かすための便利グッズや方法をご紹介していきます。即効性のあるものから、準備しておけば凄く便利なものまで。

寝ない赤ちゃんは全ての親の悩みです。それなのにちゃんとした情報が集まっていません。当ブログでは寝かしつけに関する情報をマルチにお届けします。これからもどうぞご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Ryota

子育てブロガー。メディアディレクター。1児の父。主に生活に関する情報を発信。当ブログでは『赤ちゃんの寝かせつけ』『夜泣き』を解決を目標にしている。趣味は《作曲》と《庭作り》。