親のイライラはお見通し?赤ちゃんが寝ない理由はあなたのストレス

こんにちは、会社で理不尽な対応をされてイライラしている「スヤスマンのRyota」です。

実は親のイライラ。赤ちゃんに分かっちゃうんですよね。あなたの赤ちゃんが寝ない理由も「あなたのストレス」が原因かもしれません。

心当たりがある方はどうぞ記事の続きをご覧下さい。赤ちゃんの寝かしつけができるようになりますよ。

親のストレスが赤ちゃんを興奮させる

赤ちゃんが寝ない理由は2つに分類できます。

  • 不快感
  • 興奮状態(喜怒哀楽のどれかが)

さらに詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

「難しく考える必要無し」赤ちゃんが寝ない理由はたったの2つ

2017.08.17

親のイライラは赤ちゃんを「興奮状態」にします。これが寝ない原因です。

例えば仕事先で上司が怒っていたとしましょう。その怒っている理由が分からないと「自分が原因かも。」と思って帰ってからも気にしますよね。赤ちゃんも同じ状態です。なぜ親が怒っているか分からないので不安になり、自分も興奮状態になります。

赤ちゃんは「親」に敏感

特に4ヶ月未満の赤ちゃんは「親」が全てです。親が自分に関心を持ってくれないと生きていけません。親の些細なことも敏感に嗅ぎ取ってしまいます。

ストレスは母乳にも影響?

赤ちゃんは大人より味覚が優れています。特に母乳は母親の食べたもので味が変わると言われており、赤ちゃんもそれを感じ取ります。母親のストレスも母乳の味を変化させることが分かっています。急に母乳を飲まなくなる原因の1つも母親のストレスです。

両親のケンカは赤ちゃんには死活問題

もっとも赤ちゃんのストレスになるのが「両親のケンカ」。子どもが親のケンカを止めることってたくさんありますよね。

親のケンカは親・赤ちゃんのストレスになるだけでなく、赤ちゃんの面倒を見る時間を短くしてしまいます。サイレントベビーの原因にもなります。

親同士の仲が悪いと赤ちゃんの寝つきは間違いなく悪くなります。

サイレントベビーとは

名前の通り、ほとんど泣かない赤ちゃんのことです。赤ちゃんは泣くことで親との絆を深めます。泣いても親が来ないので泣かなくなり、親のことを信用しなくなります。サイレントベビーはストレスやコミュニケーション不足により発達が遅れます。

寝ない赤ちゃんにイライラする悪循環

夜遅く。パッチリ目覚めてしまった赤ちゃんにイライラしたことはありませんか。あなたは寝て欲しいとイライラし、赤ちゃんはそのイライラが原因で寝られない。この状況ではお互いにメリットはありません。

3ヶ月ごろから赤ちゃんは目が見えてきます。抱っこされた状態なら親の顔が分かります。あなたのイライラした顔も赤ちゃんはお見通し。

せめて、優しい顔つきを心がけて赤ちゃんに声を掛けてあげましょう。これだけで赤ちゃん側の気遣いは変わってきます。

開き直って起きた方が良い

赤ちゃんが寝ないことにイライラするくらいなら、寝かせようとせずに起きてしまいましょう。赤ちゃんはあなたの興奮が移って寝付けない状態です。

あなたがテレビを観て、リラックスした方が安心して寝てくれます。

赤ちゃんも「人」です。寝ようと思っても寝れない時があります。親が「寝ろ」と言って寝れるものではありません。

ママのイライラを抑えて赤ちゃんにも眠るサポートをするグッズも登場しています。

まとめ

私も疲れきって余裕の無い時は息子のぐずりに「イラっ」としてしまいます。その気持ちも子どもは敏感に感じ取っています。

会社や世間はあなたを守ってくれません。あなたを守ってくれるのは家族です。あなたを幸せにしてくれるのも家族です。

赤ちゃんには優しい気持ちで接する癖を付けましょう。些細なことですが、あなたのイライラを見抜くようにあなたの感情の変化も赤ちゃんは察してくれます。

鏡の前で笑顔の練習をしてから赤ちゃんを寝かせつけるようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

Ryota

子育てブロガー。メディアディレクター。1児の父。主に生活に関する情報を発信。当ブログでは『赤ちゃんの寝かせつけ』『夜泣き』を解決を目標にしている。趣味は《作曲》と《庭作り》。