赤ちゃんが寝なくてイライラした結果と効果的な対処法について

抱っこしてもダメ。ベッドに置いてもダメ。寝ないのかと思って、リビングに連れて行ってもダメ。

赤ちゃんがずっと泣いていると困ってしまってイライラしますよね。

私も妻が熱で寝込んでしまったので1日面倒を見ていたのですが・・・。どうしても昼寝をしない時があって、少しずつイライラしてしまいました。結果、号泣。

ところが、オルゴール音楽+妻の抱っこだと5分経たずに寝てしまったんです。

今回は赤ちゃんが寝なくてイライラすることのデメリットと、イライラしてしまった場合の寝かしつけについて詳しくお話します。

親のイライラが赤ちゃんの寝かしつけに最悪な3つの理由

イライラすると不機嫌になりますよね。その不機嫌がストレスになります。親のストレスは赤ちゃんのストレス。赤ちゃんは親が面倒を見てくれないと生きていけません。不安になり眠らなくなります。

 

 

さらに寝かしつけに以下のような悪影響を与えます。

1.困った親を見て赤ちゃんも困ってしまう

「どうして寝てくれないんだろう。」「何がいけないんだろう。」

イライラすると徐々に困ってしまいます。最初は笑顔でヨシヨシとあやしていたのに、疲れた表情・困った顔に変わります。その表情の変化を赤ちゃんは敏感に察します。

あなたが困っていると赤ちゃんも困ってしまいます。どうしたらイライラをやめてくれるんだろう?と悩み、ますます泣いてしまいます。

2.親の怒りで赤ちゃんが興奮する

30分以上赤ちゃんの寝かしつけに苦戦すると、疲れから赤ちゃんに怒ってしまいます。怒った口調になったり、雑な扱いをします。

赤ちゃんは今までと違う親の態度にびっくりして興奮します。まだ怒られる・叱られるという経験が無いため、赤ちゃんの驚きは想像以上。

もちろん、赤ちゃんは興奮すると眠れません。

3.焦って寝かしつけの順番を忘れる

赤ちゃんの寝かしつけには順番があります。まず『不快感』を取り除くこと。そして『興奮』をしずめることです。

ちゃんと授乳はしましたか?おむつは濡れていませんか?

不快感が無いことを確認した次に興奮をしずめます。オルゴール音楽をかけたり、抱っこしてゆらゆらしたり。興奮がしずまれば寝かしつけに入ります。

寝かしつけに焦るとこの順番を忘れてしまいます。お腹が減っているのに興奮をしずめようとするのは間違いです。

イライラした場合の正しい寝かしつけ

もし、今あなたが寝かしつけに時間がかかってイライラしているなら、以下の方法を試してください。あたり前のことですが、すべて大切なことです。

1.自分以外の誰かと交代する

家族の誰かと寝かしつけを交代しましょう。イライラしていない人に交代するだけで、赤ちゃんが泣きやみます。

既に赤ちゃんは寝たいのに寝れない状態で疲れています。直ぐに寝てくれる可能性もあります。

私の場合

私が寝かしつけに苦戦してイライラした時に妻と交代した時の話です。妻が抱っこすると直ぐに泣き止みました。オルゴールの音楽をかけてゆらゆらした所、5分後に熟睡。誰かと交代するのは効果的です。

2.あなた自身が落ち着く

一旦、赤ちゃんをベッドに置きましょう。赤ちゃんはしばらく泣き続けるでしょうが、それは構いません。アメリカでは赤ちゃんを3分間ベッドの中で泣かす寝かしつけ方法があります。(3分間泣かして、途中で様子を見る。の繰り返しです。赤ちゃんが自力で寝る力をつける方法です。)

その間にお菓子を食べる・お茶を飲むなどして一息つきましょう。あなたが落ち着けば赤ちゃんも落ち着きます。

3.赤ちゃんの興奮をしずめる方法を使う

あなたのイライラがうつって赤ちゃんも興奮しています。まずは寝かしつけるより、興奮をしずめる方法を考えましょう。

 

  • 音楽を鳴らす
  • 間接照明のみにする
  • 外に連れて行く

 

が効果的です。

まとめ

赤ちゃんって寝て欲しい時に限って寝てくれませんよね。親の焦りも感じちゃうんでしょう。あなたがリラックスすれば赤ちゃんもリラックスしますし、あなたがイライラしたら赤ちゃんも困ります。

赤ちゃんは親の気持ちになる。と覚えておきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

Ryota

子育てブロガー。メディアディレクター。1児の父。主に生活に関する情報を発信。当ブログでは『赤ちゃんの寝かせつけ』『夜泣き』を解決を目標にしている。趣味は《作曲》と《庭作り》。