「赤ちゃんの足を温めて寝かせつける」のをお勧めしない2つの理由

あなたのご両親から

「赤ちゃんを寝かせるには足の裏を温めると良いよ。」

とアドバイスを貰ったことはありませんか?

私はこの方法をお勧めしません。というのも、何度も実践しているのですが成功したことが1度も無いためです。

手っ取り早い方法なので気になっている方も多いでしょう。今回は赤ちゃんの足を温めての寝かせつけをお勧めしない理由を2つにまとめてみました。どうぞご覧下さい。

赤ちゃんの「足の裏温め寝かせつけ」をお勧めしない2つの理由

1.どの程度温め続ければ良いか分からない

足の裏を温めると言いますが、どの程度温めれば良いのかの目安がありません。5分なのか10分なのか。赤ちゃんが心地良い温度が何℃なのか。

仮にベストな温度が分かっても、その日の気温や赤ちゃんの体調でも変わってくるため、職人的な技が必要です。「寝るまで温めれば良い」のなら、グッズに頼って寝かせつけた方が効率的です。寝かせつけている間に別の作業が可能だからです。

大人と赤ちゃんの体温は違う

私たち大人と赤ちゃんの理想的な体温は違います。私たちが「良い感じ」の温度でも、赤ちゃんには不快なことがあります。

「寒いだろう」と思って足の裏を温めても実は冷えた状態の方が心地良いこともあります。

体温調整のために冷たいことが多い

ちなみにですが、赤ちゃんの足って基本的に冷たいんです。冷たいのが悪いのではなく、体温調整のために冷たくする必要があるためです。

足が寒そうだからタオルケットを掛けたのに、跳ね飛ばされた経験ってありませんか。それは足の冷たさが必要な状態だったためです。

祖父母が得意げに「赤ちゃんは足の裏を温めればねるんだよ。」と言うのは間違い。その時にたまたま寝ただけであり、足の裏を温めれば絶対に眠る。なんてことはありません。

2.両手がふさがる

育児で「両手が使えるかどうか」は重要です。手が空いていればとっさの時に助けることもできます。家事や他の作業も並行して行えます。

抱っこも「抱っこ紐」を使うだけで身軽さが違います。寝かせつけをしながら、洗い物や翌日の準備を行うことができるためです。

で、足の裏の温めなんですが・・・基本的に人の手で包むように温めることになります。↑の写真みたいな感じですね。もちろん両手を使うことになります。

靴下などの過剰な温めは逆効果の可能性アリ

「それなら道具で温めれば良いんじゃないの?」と考えたあなた。ものによって危険です。

例えばカイロ。大人でも低温やけどになる危険があります。肌の弱い赤ちゃんにはより危険。同じく暖房も温めすぎの危険があります。

靴下なら安全なのですが、温まりすぎた時に赤ちゃんは自分で脱げません。逆に不快になり起きてしまう恐れがあります。

注意

赤ちゃんは大人と同じ道具を使うと事故や怪我の原因になります。赤ちゃん専用の用品を使うようにしましょう。布団もそうですよね。大人のような柔らかい布団を使うと窒息する恐れがあります。

快適な温度にすることを考えよう

大事なのはその場が

赤ちゃんにとって快適な温度であること

です。暑くも寒くも無ければ赤ちゃんの足を温める必要はありません。何もしなくても温度的に快適なんですから。

私たちが心がけるべきは、

  • 空調による温度管理
  • 湿気対策
  • キレイな空気

の3点。

特に温度と湿気を人が快適に思う数値にしましょう。

湿度と温度

夏の快適湿度 50~60%

冬の快適湿度 40~50%(下げすぎるとインフルエンザウイルスが活発化します。)

夏の快適温度 25~28℃(特に25℃は快適)

冬の快適温度 16~19℃

それでも温めたいのなら

「寒そうだし、足を温めた方が良い。」

と思うのなら、足だけ温めるのではなく赤ちゃん全体を温めましょう。例えばおくるみやスワドルミーを使えば、包み込むことで赤ちゃんに安心感を与えられます。寝かしつけ効果も高くなります。

まとめ

そういえば祖父が1度だけ息子の足を温めて寝かせつけに成功したと喜んでいました。状況を聞いてみると、妻が抱っこをしていて、その足の裏を手で温めていたとのこと・・・。

2人がかりかっ!

育児は本当に大変です。世の中の奥さんの辛さが良く分かります。できるだけ効率良く寝かせつけができれば、赤ちゃんも楽ですし私たちも自分の時間が作れます。

自分の手を使うくらいならグッズに頼りましょう。楽をすることは悪いことなんかじゃありません。中には「赤ちゃんを寝かすのに道具を使うなんて。」と言う姑も居ます。そんな意見は古いだけ。わざわざ難しい方法で寝かせつける必要はありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Ryota

子育てブロガー。メディアディレクター。1児の父。主に生活に関する情報を発信。当ブログでは『赤ちゃんの寝かせつけ』『夜泣き』を解決を目標にしている。趣味は《作曲》と《庭作り》。